ローヤルゼリーイメージ

ローヤルゼリーの成分と効果、飲んでみた感想

http://www.clean-coal.info/toha.htmlにも書いてあるように、ローヤルゼリーはミツバチが女王バチになる予定の幼虫にだけ与える特別な食事であり、栄養がとても豊富であることが知られています。
1900年代からヨーロッパではその健康効果が研究されるようになり、当時のローマ教皇が危篤状態に陥った時に投与したところ回復したことから、一躍そのパワーが注目されるようになりました。
ローヤルゼリーの主な成分としては、15種類のアミノ酸、10種類以上のビタミン、各種ミネラルのほか、ローヤルゼリー特有のデセン酸、類パロチンなどの特有成分も含まれています。
これらの成分の中にはまだまだ研究段階であるものも多いのですが、わかっているだけでもさまざまな健康効果が存在するのです。
現在知られている効果を簡単に挙げると、糖尿病の予防・改善、がん細胞の増殖防止、血圧の調整、悪玉コレステロールの除去、メタボリックシンドロームの予防、脳卒中・心筋梗塞の予防、更年期障害の改善、アンチエイジング、うつ・自律神経失調症の緩和、冷え性・肩こり・むくみの改善、免疫力向上などがあります。
また、ローヤルゼリーは美容にも効果的なので男女共に愛されています。
このようにしてみると、生活習慣病をはじめとするさまざまな病気や不調に効果があり、日々の健康維持に欠かせないことがわかるでしょう。
それでは、実際にローヤルゼリーを飲んでみた感想はどうなのでしょうか。
私は両親が健康マニアだったおかげで、わりと小さいうちから定期的にローヤルゼリーを飲まされていました。
ジャムの瓶より一回り小さい茶色い小瓶に入っていて、小さいスプーンで毎日一さじずつ食べるようにと言われていました。
しかし、そのまま食べてみると舌にピリピリとくるような酸味があり、子供心にどうしてこんなにまずいものを食べなくてはいけないのかと思った記憶があります。
ある日、思い切って食べにくいと母に言ってみたところ、今度はミルクティーに溶かして飲むようにと言われました。
言われたようにすると確かに独特の酸味は気にならなくなったので、頑張って飲み続けることができるようになりました。
ただし、ローヤルゼリーは固くて溶けにくいので、ミルクティーに溶かすのに少し時間がかかるのがやっかいではあります。
ですが、いくら身体に良いと言ってもローヤルゼリーの過剰摂取はしないようにしましょう。
もともと健康な状態の時に飲んでいたので、何かの病気が改善したといったことはありませんでしたが、おかげで比較的健康な子供時代を過ごせました。
現在では結婚して実家を離れてしまったのでほとんど飲む機会はありませんが、時々里帰りした時に飲ませてもらっています。
日々の健康維持のためには、ローヤルゼリーの一日の摂取量の目安を守ってできれば毎日続けて摂るようにしたほうがいいのかもしれません。

Copyright(C) 2010 体調改善.com All Rights Reserved.